製薬業界向け データ改ざん防止対応 LAQUAソフト

概要

分析結果の管理媒体において紙から電子データへ移行が進む中、卓上水質計においても電子データでの管理を求められるようになってきています。本ソフトウェアでは卓上型水質計であるLAQUAシリーズ(卓上カラータッチパネルタイプのみ)のデータ管理をサポート致します。(21 CFR Part11対応)


pH計、導電率計をPCに繋いでデータを管理

 

CFRソフト

ログイン機能

オートログアウト機能
定期的なパスワード変更要求
ユーザー登録無制限

アクセス権限

6段階の権限を設定
各権限毎に内容の設定が可能

監査証跡

あり(保存期間を設定可能)

改ざん防止機能

データは改ざんできない
権限によっては保存期間が過ぎたデータは削除可能
(監査証跡に残る)

バックアップ機能

PC 本体にデータを保存
自動バックアップ可能
外付けHDD にバックアップ可能

電子署名

権限を付与したアカウントのみ電子署名可能

出力

PDFにて出力可能


測定結果


監査証跡

特長

システムへのアクセス制限

システムの安全性確保のため、すべてのユーザーはIDとパスワードを設定のうえアカウントを登録し、PCおよび計測器にログインする必要があります。

電子記録と署名

校正記録や測定者情報などのメタデータを、測定結果として記録します。電子署名の承認レベルは、最大8段階まで設定することができます。また、電子署名は権限が付与されたユーザーのみ実施可能です。


データ一覧


測定結果の詳細


電子署名の権限レベル設定

監査証跡

操作履歴や変更履歴を監査証跡として記録します。監査証跡は電子データの安全性と完全性を確保するため、削除・修正することができません。

セキュリティ設定

自動ログアウトやパスワード期限、アカウントのログアウトとデータ保存期間は、貴社のセキュリティポリシーとSOPにしたがって設定することができます。
アクセス権限レベルの設定は、“System Administrator”のみ変更することができます。
また、6種類のアクセス権限をそれぞれのユーザーアカウントに割り当てることができます。


セキュリティの設定


アクセス権限


アクセス権限の設定

ユーザーアカウントと装置の登録

装置は最大で20台まで登録でき、システムへ複数台を接続して同時に使用できます。
ユーザーアカウントの登録人数は無制限で、アクセス権限と電子署名権限を各アカウントに割り当てることができます。


製造会社: HORIBA Advanced Techno

仕様

PC動作環境

メモリ

4GB 以上

CPU

2.53 GHz 以上

HDD

100GB 以上

OS

Windows 7 Ultimate, Professional, Enterprise (32/64-bit edition)*1
Windows 8.1 Pro, Enterprise (32/64-bit edition)*1 
Windows 10 Pro, Enterprise (32/64-bit edition)*2

ブラウザ

Internet Explorer 11, Microsoft Edge*3

モニタ

QVGA (1280×960) 以上

その他

USB 2.0 ポート、光学式ドライブ

*1 : 最新バージョンへのアップデートが必要です。
*2 : バージョン20H2 (OSビルド:19042.685)において、当ソフトウェア(Ver1.1.2)の動作確認済みです。
*3:バージョン85.0.564.67において、当ソフトウェア(Ver1.1.2)の動作確認済みです。 

製品紹介ビデオ

卓上型pH・水質分析計 LAQUA [ラクア](3:54)
卓上型pH・水質分析計 LAQUA[ラクア](3:54)
水質分析の現場の課題に真正面から向き合うことで、これまでに体験したことのないストレスフリーな水質分析計が誕生しました。心地よさと自由を、pH・水質分析に。LAQUA[ラクア]は、カンタン、たのしい水質分析計です。