カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


61 ~ 80 件を表示(全 443 件)

β-FeOOHは「さび」として広く知られる物質ですが、近年ではそのナノロッド(棒状のナノ粒子)状の結晶が、水を酸化して酸素を生成する反応(人工光合成)の触媒としても注目されています。本アプリケーションでは、β-FeOOHのコロイドをナノ粒子解析装置において、特にシングルナノ粒子などを測定する際に効果が発揮される測定モードで測定した事例を示します。


二硫化モリブデン(MoS2)は、その高励起子再結合特性や高キャリア移動度、低リーク電流などの特性から、次世代型の光起電力太陽電池や光電子回路、センサーに利用できる誘起性遷移金属二カルコゲナイド(TMD)2Dナノ材料として期待されています。TMD 2Dナノ材料のメリットの1つは、 グラフェンと比べて、個々の層の数の関数として直接-間接バンドギャップ遷移を可能にする量子閉じ込め構造を持つことです。 単層MoS2を集積させたナノデバイスの設計に不可欠な理解を得るには、ナノスケールでの材料特性評価が必要です。


特殊な性質を持つグラフェンは、特に非常に高い電子移動度を有し、ナノエレクトロニクス、オプトエレクトロニクス、およびバッテリーなどで多種多様な用途に適用できます。 グラフェン酸化物は、主にグラフェンを大量生産する場合の中間体であると考えられていましたが、水中での分散が容易であることから、非導電性層として機能化または使用できるため、多くの用途に用いることができるものとして注目が高まっています。


本稿は、学位論文「レ-ザ回折/散乱法による粒子径計測の演算精度向上に関する研究」の要旨を表したものです。本研究は、レーザ回折/散乱法における粒子径分布計測の高精度化のため、粒子径分布演算に与える要因と受ける影響を定量的に明らかにすることを目的としました。 


61 ~ 80 件を表示(全 443 件)