カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


81 ~ 100 件を表示(全 443 件)

HORIBA粒子径分布測定装置の最上位機種となる次世代機種LA-960は、従来より高い完成度で好評を得ているLA-950V2のハードウェア設計をベースに、大幅な解析能力の向上を実現しました。LA-960の特長について詳しい解説を行い、装置性能については、実際の測定事例を交えて紹介します。 


元から有機溶媒に分散されている試料の測定時はもちろんですが、水に溶けたり、凝集を起こす試料などを測定する際にも、有機溶媒を分散媒として使うことで簡単に測定できるようになることがあります。本アプリケーションノートでは、溶媒に有機溶媒を使用して粒子径を測る際に知っておきたい効率的な測定手法について解説します。 


粒子径によって光の吸収と散乱の機能が変わる材料においては、材料の粒子径がそのまま製品の品質にとって重要な要素となっています。本アプリケーションノートでは、材料の機能を粒子径で管理する事例について示します。 


粉体を扱う際には、本来の機能を発現させたり、最適なハンドリングをするため、その分散性を確認する必要があります。本アプリケーションノートでは、粉体の分散性を簡単に見たいがどうすればいいのかについて、評価事例を示します。 


ファインバブルは100 μm 以下の大きさを持った泡で、その特殊な機能に注目を集めています。その一つの特徴が長寿命であり、貯蔵や輸送が可能です。本アプリケーションでは、ファインバブルの寿命を延ばしたいが、何で評価をすればいいのか、評価事例を示します。 


GD-OES分析において、熱電導性の低いサンプルや熱ダメージに弱いサンプルに対して、堀場製作所の特許であるパルススパッタリングは良好な測定結果が得られます。ここでは、ステンレス基板上のゴム皮膜を通常スパッタ法とパルススパッタ法で測定した結果を示します。


高周波法を用いたGD-OES法では、非導電性の材料でも、迅速に深さ方向元素分析を行うことができます。ここでは、モバイルPC用ガラス基板ハードディスクの分析事例をご紹介します。


グラフェンは、将来、マイクロサーキットやコンピュータチップにおいてシリコンを部分的に代替する可能性のある新しいナノ材料です。本アプリケーションでは、ラマン分光法によるグラフェンの分析例、およびカーボン測定の基礎と分析事例を示します。


回折格子(グレーティング)は,入射光をさまざまな波長に分散させる光学素子で,分光分析,多重化通信,レーザシステムなどの重要なコンポーネントとして 利用される。この分野のパイオニアで,現在の世界的リーダーでもあるジョバンイボン社(JY)は,そのコアテクノロジーとして,新型グレーティングの製造 に取り組んできた。本稿ではJYのグレーティングの特長とその光学分野への応用例を紹介する。


HORIBA Jobin Yvon(ホリバジョバンイボン)社の新しい蛍光分光光度計FluoroMax™-4 は,自動偏光子ユニット,リン光測定ユニット,時間分解寿命測定ユニット等の多彩なオプションを搭載することができる。遺伝子発現の生化学的研究や,生体 分子間の蛍光共鳴エネルギー移動(FRET),生体環境における蛍光異方性測定に最適な装置である。


ライフサイエンス,特に生きた細胞を対象とする研究領域では,蛍光化合物を標識とした分子イメージングが現在盛んだ。これまで多くの興味は標的分子の量的変動や局在に向けられてきたが,最近,蛍光寿命や偏光解消といった蛍光分子が持つ魅力的な性質を利用するケースが増えてきている。本稿では,その基本的な原理と応用,及び蛍光寿命測定装置FluoroCubeを用いて行った著者らの研究例について,いくつか紹介したい。


顕微ラマン分光装置と原子間力顕微鏡(Atomic Force Microscope : AFM)との複合装置(AFM-Raman)は、ラマン分光による化学情報とAFMによる表面形状・物理情報とを効率的に取得できる分析ツールである。本発表では、AFM-Ramanの原理、様々な構成を述べるとともに、光の回折限界を超える空間分解能でラマン分光測定が可能であるチップ増強ラマン分光(Tip- Enhanced Raman Spectroscopy : TERS)によるカーボンナノチューブ・グラフェンの測定データを紹介する。
 


Al基板上にNiPメッキした後、Cr・Co磁性膜、DLC膜を施したハードディスク基板を試料とし、その深さ方向定量分析をJY-5000RF(GD-OES)とSEM-EDXで行いました。


図1にある断面TEM像のような、Al基板上にNiPメッキした後、Cr・Co磁性膜、DLC膜を施したハードディスク基板をJY-5000RF(GD-OES)で測定しました。


81 ~ 100 件を表示(全 443 件)

パスワードを紛失された場合

メールアドレスを入力して「仮パスワード発行」ボタンをクリックしてください。ご入力いただいたメールアドレス宛てに、仮パスワードをお送りいたします。(メールアドレスは送信前に再度ご確認ください。) 安全のため、ログイン後すぐにパスワードをご変更いただきますようお願いいたします。

メールアドレス


ログインへ戻る