カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


41 ~ 60 件を表示(全 102 件)

本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた銅ナノコロイドの蛍光除去粒子径測定事例を示します。強い蛍光が発する場合、蛍光に散乱光が隠され、SN 比が悪くなり自己相関関数が測定できなくなります。このような場合、蛍光除去フィルタを検出器前に追加することで、蛍光を抑え、散乱光のみを選択して測定することが可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置SZ-100で搭載している光散乱Debye プロット法による分子量測定を用いた、ポリスチレン(F288)の分子量測定事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置SZ-100で搭載している光散乱Debye プロット法による分子量測定を用いた、ポリスチレン(F128)の分子量測定事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置SZ-100で搭載している光散乱Debye プロット法による分子量測定を用いた、ポリスチレン(F380)の分子量測定事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた炭素電極セルのゼータ電位測定事例を示します。炭素電極セルは、使い捨て仕様です。使い捨てにする理由は、電極そのものが劣化したり、吸着した汚れが充分に洗浄できなくなったりするためです。サンプルによっては、充分に洗浄することで、繰り返し使用することが可能になります。ここでは、新品の炭素電極セルを洗浄確認後Ludox® シリカ1wt.%の測定→洗浄の繰り返しによってゼータ電位が安定に測定できるかどうかを確認した事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたキトサンの等電点測定事例を示します。キチン、キトサンは、セルロースとよく似た構造を持ち、分子量は数千から数十万、(C6H11NO4)n と表される安定した天然高分子です。食品、繊維、化粧品、医療分野など広い範囲に利用されています。pH 変化によるゼータ電位測定を行うことにより、分散状態が不安定になりやすい等電点を求めることができます。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたビタミンC ナノ粒子の測定事例を示します。原液では測定できない状態のサンプルを、トルエンを使用し100 倍に希釈して測定しています。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたビタミンE 酢酸エステル含有ナノ粒子の測定事例を示します。原液では測定できない状態のサンプルを、純水を使用し100 倍に希釈して測定しています。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたコバルトナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100 はナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。コバルトナノコロイドは青色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するようなサンプルでも強い散乱光が得られ、コバルトナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた鉄ナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100 はナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。錫ナノコロイドは黒色系の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するような黒いサンプルでも強い散乱光が得られ、錫ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたゲルマニウムナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100 はナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。ゲルマニウムナノコロイドは黒色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するようなサンプルでも強い散乱光が得られ、ゲルマニウムナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた鉄ナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100 はナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。鉄ナノコロイドは黄色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するようなサンプルでも強い散乱光が得られ、鉄ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたインジウムナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100 はナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。凝集物があり、これを分離するために、遠心分離をかけてこの上澄み部分のみの測定を行いました。その結果、一次粒子であるインジウムナノコロイドの綺麗な測定結果を得ることができました。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたニッケルナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100はナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532nm)を搭載しています。ニッケルナノコロイドは緑色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するようなサンプルでも強い散乱光が得られ、ニッケルナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたパラジウムナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100 はナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532nm)を搭載しています。パラジウムナノコロイドは赤系の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するようなサンプルでも強い散乱光が得られ、パラジウムナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた白金ナノコロイドの測定事例を示します。ナノ解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532nm)を搭載しています。白金ナノコロイドは橙色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するようなサンプルでも強い散乱光が得られ、白金ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置(SZ-100 高出力レーザータイプ)を用いた金ナノコロイドの測定事例を示します。SZ-100 の標準仕様(10 mW)レーザータイプでは、サンプルによるレーザー光の吸収が強い、あるいは、粒子径が小さい、あるいは、粒子濃度が低いなどで、散乱光の信号が充分得られない場合があります。ここでは、SZ-100 高出力レーザー仕様(100 mW)で測定することによって、信号強度が上がり自己相関関数が安定して得られ、再現性良く測定できるようになった例を紹介します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた水分散ビタミンB1 ナノ粒子の測定事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置に搭載している光散乱Debye プロット法による分子量測定の可能最小分子量を評価するために、米国標準局から販売されているサッカロース(SRM-17f)の分子量を測定した事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置SZ-100で搭載している光散乱Debye プロット法による分子量測定を用いた、ポリスチレン(F10)の分子量測定事例を示します。


41 ~ 60 件を表示(全 102 件)