カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


81 ~ 100 件を表示(全 102 件)

本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたスクロースのゼータ電位測定事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた赤血球のゼータ電位測定事例を示します。塩濃度が高いため導電率が高く、高電圧の印加が難しい生体サンプルにおいても、HORIBA 独自の炭素電極付きゼータ電位セルを使うことで、生体サンプルにダメージを与えない低電圧での電気泳動が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ゼータ電位測定が可能な最大粒子径を確認するため、ナノ粒子解析装置を用いたポリスチレンラテックス100μm粒子のゼータ電位測定事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたリゾチームの等電点測定事例を示します。オプションのpH コントローラを接続して、水酸化ナトリウムを滴下してpH 調整し、各pH でのゼータ電位を測定しました。リゾチームは一種の酵素であり、生体内で多糖類を加水分解する触媒の役割を果たします。また、生体内では、温度やpH によって変性して活性を失ったり、活性値が変化したりするため、温度変化やpH 変化を測定することは、酵素反応の研究にとって重要な情報となります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたリゾチームのゼータ電位測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100では、ナノレベルの粒子やナノレベルのタンパク質分子のゼータ電位の測定が可能です。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたコーヒークリーマーの等電点測定事例を示します。オプションであるpHコントローラを使用すれば、ソフトウェアからpH を自動的にコントロールしてゼータ電位を測定することが可能です。pH変化によるゼータ電位測定を行うことにより、等電点を求めることができるので、製品の分散安定性をコントロールすることが可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた銅ナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。銅ナノコロイドは黒色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するような黒いサンプルでも強い散乱光が得られ、銅ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた銀ナノコロイドの測定事例を示します。ナノ解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。銀ナノコロイドは黒色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、強い散乱光が得られ、銀ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたリゾチームの測定事例を示します。リゾチームは鶏卵の卵白や涙、唾液などの分泌液に存在する酵素で、卵、目や口を、微生物の感染から守る役割を果たしています。工業的には、卵白から抽出して、食品や医薬品に応用されています。ナノ粒子解析装置 SZ-100では、ナノメートルオーダーのタンパク質が測定可能です。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置 SZ-100を用いたSRM-1980 のゼータ電位分析事例を示します。ゼータ電位は粒子界面の性質を評価する上で重要な値です。特に、コロイドの分散・凝集性、相互作用、表面改質を評価する上での指標となります。今回は、SZ-100の再現性を、NIST 標準試料を用いて確認しました。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた金ナノコロイド(RM8013)の測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザ(波長532 nm)を搭載しています。金ナノコロイドは橙色の溶液で、補色である緑色を吸収しますが、高エネルギーのレーザを照射することで、強い散乱光吸収が得られ、金ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析析置を用いた金ナノコロイド(RM8012)の測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザ(波長532 nm)を搭載しています。金ナノコロイドは橙色の溶液で、補色である緑色を吸収しますが、高エネルギーのレーザを照射することで、強い散乱光吸収が得られ、金ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた金ナノコロイド(RM8011)の測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザ(波長532 nm)を搭載しています。金ナノコロイドは橙色の溶液で、補色である緑色を吸収しますが、高エネルギーのレーザを照射することで、強い散乱光吸収が得られ、金ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたコロイダルシリカの測定事例を示します。電子顕微鏡による粒子径測定は、サンプル材料によって測定が困難であったり、サンプルの前処理に時間を要したり、測定精度を上げるために観察粒子数を増やす必要があります。動的光散乱法を使ったSZ-100 は、短時間に、多くの粒子の測定が可能で、ナノ粒子解析に非常に有効です。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたDDSで使用されるリポソームの粒子径分析事例を示します。DDS(DrugDelivery System)とは臓器、病原体、細胞に効果的に集中して薬を送るという技術です。そのためには、患部に届く途中で破壊、分解、吸収されるのを防ぐため薬を包み込むことと、幹部に到達できるサイズが必要になります。リポソームは包み込む膜として研究が繰り返されています。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたアルブミンの測定事例を示します。タンパク質は溶媒との親和性やイオン濃度によって、その3次元構造などが最も安定な構造へと変化します。このような構造変化が起こっているかどうか、また、結晶化研究におけるタンパク質の結晶化が進んだかどうかなどを、ナノ粒子解析装置SZ-100での測定結果の変化から判断することが可能です。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたポリメチルメタクリレートの測定事例を示します。原液は高濃度のため、溶媒の粘度と同等となるところまで1000倍希釈を行い測定しました。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたマルトースの測定事例を示します。マルトースはグルコースがグリコシド結合した分子量342.3 の二糖類です。麦芽糖とも言われ、水飴の主成分となっていて、食品類、菓子類やパンなど甘味料として多く使われています。このような分子サイズのものでも、高感度であるため、ナノ粒子解析装置SZ-100はサイズを測定することができます。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた三酸化アンチモンの測定事例を示します。三酸化アンチモンとは別名アンチモンホワイトと言われ、白色顔料として使用されています。また、黄色など他の顔料と合わせることによって着色しても使用できます。その他、ポリエステル繊維の重合触媒として用いられたり、ガラスに添加して透明度を上げるために用いられたりしています。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた不飽和ポリエステル樹脂の測定事例を示します。分散粒子が液中で容易にブラウン運動できる粘度3mPas 以下になるように10 倍の希釈を行い測定しました。


81 ~ 100 件を表示(全 102 件)