カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


  • Liイオン電池の正極材である、炭酸リチウムとコバルト酸化物を混合し、仮焼結、本焼結させたものを測定、比較しました。

  • 表面コートの分析例と内添粒子の分析例を示しています。

  • 触媒能は明らかに異なるが、XRF・ICP・SEM-EDX等で分析しても、差異が見られないサンプルの分析を行った。

  • 明らかに性能が異なるが、定量的に同一であり、他の分析装置で切り分け出来ないサンプルの分析を行った。

  • 酸化チタンとシリカを混合し、混合時間と付着状態(分散状態・偏差値・未付着(遊離))の測定を行った。 

  • PY-3000で搬送装置のターンテーブルおよびエレベーターが駆動した時のトレンドデータの変化を調べ、改善を行ないました。

  • PY-3000でAP-CVDチャンバ開閉時のトレンドデータの変化を調べ、改善を行ないました。