カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


ICP発光分析法による希土類元素の分析では、300~450nm付近に多数の発光スペクトル線が存在するため、分光干渉がなく精度の良い測定をするためにはテクニックが必要になります。その分析テクニックについてご紹介します。


ICP発光分析法による希土類元素の分析では、300~450nm付近に多数の発光スペクトル線が存在するため、分光干渉がなく精度の良い測定をするためにはテクニックが必要になります。その分析テクニックについてご紹介します。


高マトリックスな試料溶液中では、測定対象とするスペクトルの感度は、一般的に単純な水溶液のそれと比較して低下します。シーケンシャル型ICP発光分析装置ULTIMA2を用いて、10 g/Lの鉄と塩化ナトリウムを含む試料における装置の検出下限値を算出したので紹介します。


rf-GD-OESは原子発光を応用した分光分析法のため、水素Hなどの軽元素の分析を行うことができます。よって、リチウムLiも測定できるということで、最近ではLi電池材料の分析・評価などに応用される場合があります。


GD-OES法は、水素Hを分析することができるというユニークな特長を有しています。


rf-GD-OESは原子発光を応用した分光分析法のため、水素Hなどの軽元素の分析を行うことができます。


はんだの主成分から微量成分までの定量分析をおこなったので紹介します。


  • Ti、Cu、Al、SUS、Au、Cr、Niの光学定数の解析例