カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


21 ~ 40 件を表示(全 78 件)

(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


単層カーボンナノチューブの分散性評価の場合には,光を用いた分析手法が有効である。弊社で調製したCNT分散溶液の分析事例を使って,分析の実際について紹介する。


透過光学系でのサンプルの測定によって、顕微タイプのような後方散乱光学系では測定できない新たな情報を得ることができるようになります。透過ラマン分光 (Transmittance Raman Spectroscopy ; TRS)法は、新しい手法ではないものの、高出力近赤外レーザと透過ラマン専用のアクセサリの開発によって、最近再び注目を集めるようになってきました。


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


21 ~ 40 件を表示(全 78 件)

パスワードを紛失された場合

メールアドレスを入力して「仮パスワード発行」ボタンをクリックしてください。ご入力いただいたメールアドレス宛てに、仮パスワードをお送りいたします。(メールアドレスは送信前に再度ご確認ください。) 安全のため、ログイン後すぐにパスワードをご変更いただきますようお願いいたします。

メールアドレス


ログインへ戻る