カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


41 ~ 60 件を表示(全 78 件)

(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


(本文は英文です。)


カーボンは、共鳴ラマン効果によって強いラマン散乱を示します。燃料電池に使用される電極上、および、ポリマー上のカーボンの劣化状態のモニターなどの評価の研究に使われています。


ラマン分光法は、カーボンナノチュ -ブの構造解析にはなくてはならない分析手法です。基板上に存在するカーボンナノチューブについて、いくつかの特徴的な測定例を紹介します。


SiCウェハの非破壊評価光分析としてフォトルミネッセンス(PL)寿命測定ではキャリア寿命に関して有効なデータを得た。さらに,CL像により検出された欠陥周辺の応力分布をラマン分光により評価できることを示した。


ラマン分光により正極断面の活物質の結晶性評価及びサイクル後正極表面の化合物分布のご紹介。
他、活物質やバインダの偏在をエネルギ分散型X線分析装置(EDX)、微小部蛍光X線分析装置(μーXRF)、グロー放電発光分析装置による測定事例をご紹介しています。


光学顕微鏡では確認できないリチウムイオン電池のインターカレーションをカラーコンフォーカルシステムを用いて電池の表面を観察。同視野をファイバーラマンシステムを用いて、負極・正極のラマンスペクトルを測定。負極において、色の変化に対応した対応したラマンスペクトルを確認することで充電状態に応じたグラファイトの構造を確認しました。


医薬品分野では、錠剤やカプセル内薬品、および原材料について多様な測定が求められています。様々な分析手法を組み合わせることでより多くの情報を試料から読み取ることが可能になります。医薬品のカプセル剤を、非破壊で試料内部の分析を行える三次元X線CT装置、蛍光X線分析装置、顕微ラマン分光装置を用いて測定しました。


ラマン分光法は,試料の状態や測定の目的に合わせて,多くの測定手法が開発されている。特に顕微ラマン分光法の急速な普及に伴い,ここ数十年で感度は数桁のオーダーで向上している。特にラマンイメージングのいくつかの新しい技術が開発され,新しい分析分野に適用されつつある。ここでは,最近話題のトピックスから,新しい分析手法の適用例を解説する。


有機物(繊維など)、無機物(酸化鉄、酸化チタンなど)、カーボン(グラファイト、ダイヤモンド)、シリコン(p-Si、a-Si)などの代表的なラマンスペクトルを掲載しています。


生体アパタイト前駆物質のin vivo試料での検出・確認を目的として、異なる成長段階のラットの頭頂骨を試料として顕微レーザラマン分光法による検討を行った。


異物分析では、分析に使用するそれぞれの装置の特徴を理解して、異物の状態に合わせた装置を選択することが大切です。


41 ~ 60 件を表示(全 78 件)

パスワードを紛失された場合

メールアドレスを入力して「仮パスワード発行」ボタンをクリックしてください。ご入力いただいたメールアドレス宛てに、仮パスワードをお送りいたします。(メールアドレスは送信前に再度ご確認ください。) 安全のため、ログイン後すぐにパスワードをご変更いただきますようお願いいたします。

メールアドレス


ログインへ戻る