カタログ・アプリケーションノート・論文・詳細資料をご覧になるにはログインしてください。

ご覧になる資料の製品や分野に関して、HORIBAグループの営業担当よりご連絡させていただくことがございます。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。


21 ~ 40 件を表示(全 45 件)

本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置(SZ-100 高出力レーザータイプ)を用いた金ナノコロイドの測定事例を示します。SZ-100 の標準仕様(10 mW)レーザータイプでは、サンプルによるレーザー光の吸収が強い、あるいは、粒子径が小さい、あるいは、粒子濃度が低いなどで、散乱光の信号が充分得られない場合があります。ここでは、SZ-100 高出力レーザー仕様(100 mW)で測定することによって、信号強度が上がり自己相関関数が安定して得られ、再現性良く測定できるようになった例を紹介します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた水分散ビタミンB1 ナノ粒子の測定事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたポリスチレンラテックス粒子の混合粒子の粒子径測定事例を示します。本稿では、100 nm PSL 1 ppm と1000 nm PSL 1 ppm を10 mM NaCl 水溶液を使用して希釈して作成し混合した試料の粒子径測定結果を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたポリスチレンラテックス粒子の混合サンプルの粒子径測定事例を示します。本稿では、50 nm PSL 1400 ppm と200 nm PSL 100 ppm を10mM NaCl 水溶液を使用して希釈して作成し混合した試料の粒子径測定結果を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたポリスチレンラテックス 粒子の粒子径測定事例を示します。本稿では、20 nm PSL 100 ppm と100 nm PSL 1 ppm を10 mM NaCl 水溶液を使用して希釈して作成し混合した試料の粒子径測定結果を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置(高出力レーザー仕様(100mW))を用いたポリスチレンラテックス粒子の粒子径測定事例を示します。オプションの100mW レーザーを搭載した高出力タイプを用いれば、標準仕様では濃度的に測定困難であった、あるいは、安定した結果を得るためには長時間測定が必要であった希薄な(微小)サンプルの測定がより、短時間で再現良く測定できるようになった事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたポリスチレンラテックス粒子の粒子径測定事例を示します。標準仕様(10mW レーザー)のSZ-100 では、PSL 100nm、1 ppm のサンプルが測定可能です。この濃度を基準に、これから測定しようとするサンプルが測定できるか否かを判断することができます。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置(高出力レーザー仕様(100mW))を用いたポリスチレンラテックス 粒子の粒子径測定事例を示します。100 mW レーザーを搭載した高出力タイプで測定することにより、標準仕様では濃度的に測定困難であった、あるいは、安定した結果を得るためには長時間測定が必要であった希薄な(微小)サンプルの測定がより、短時間で再現良く測定できるようになります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたポリスチレンラテックス 粒子の粒子径測定事例を示します。標準仕様(10mW レーザー)のSZ-100 では、PSL 20nm、10 ppm のサンプルが測定可能です。この濃度を基準に、これから測定しようとするサンプルが測定できるか否かを判断することができます。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたDDS (Drug Delivery Sysytem)の材料として注目されているフェリチンの測定事例を示します。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたウイルスの測定事例を示します。ナノ解析解析装置 SZ-100では、インフルエンザウイルスやワクチンのような透明な生体粒子を精度よく測定することができます。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたスクロースの測定事例を示します。スクロースは、グルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)が結合した糖であり、二糖類の一種です。無色結晶、甘味を有する、水に溶けるという二糖類共通の性質を持っています。主な用途は甘味料であり、砂糖の主成分です。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた銅ナノコロイドの測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。銅ナノコロイドは黒色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、光を吸収するような黒いサンプルでも強い散乱光が得られ、銅ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた銀ナノコロイドの測定事例を示します。ナノ解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザー(波長532 nm)を搭載しています。銀ナノコロイドは黒色の溶液です。エネルギーの高いレーザを照射することで、強い散乱光が得られ、銀ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたリゾチームの測定事例を示します。リゾチームは鶏卵の卵白や涙、唾液などの分泌液に存在する酵素で、卵、目や口を、微生物の感染から守る役割を果たしています。工業的には、卵白から抽出して、食品や医薬品に応用されています。ナノ粒子解析装置 SZ-100では、ナノメートルオーダーのタンパク質が測定可能です。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた金ナノコロイド(RM8013)の測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザ(波長532 nm)を搭載しています。金ナノコロイドは橙色の溶液で、補色である緑色を吸収しますが、高エネルギーのレーザを照射することで、強い散乱光吸収が得られ、金ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析析置を用いた金ナノコロイド(RM8012)の測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザ(波長532 nm)を搭載しています。金ナノコロイドは橙色の溶液で、補色である緑色を吸収しますが、高エネルギーのレーザを照射することで、強い散乱光吸収が得られ、金ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いた金ナノコロイド(RM8011)の測定事例を示します。ナノ粒子解析装置 SZ-100は、ナノ粒子を精度よく測定するために、エネルギーの高いグリーンレーザ(波長532 nm)を搭載しています。金ナノコロイドは橙色の溶液で、補色である緑色を吸収しますが、高エネルギーのレーザを照射することで、強い散乱光吸収が得られ、金ナノコロイドの高精度測定が可能になります。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたコロイダルシリカの測定事例を示します。電子顕微鏡による粒子径測定は、サンプル材料によって測定が困難であったり、サンプルの前処理に時間を要したり、測定精度を上げるために観察粒子数を増やす必要があります。動的光散乱法を使ったSZ-100 は、短時間に、多くの粒子の測定が可能で、ナノ粒子解析に非常に有効です。


本アプリケーションノートでは、ナノ粒子解析装置を用いたDDSで使用されるリポソームの粒子径分析事例を示します。DDS(DrugDelivery System)とは臓器、病原体、細胞に効果的に集中して薬を送るという技術です。そのためには、患部に届く途中で破壊、分解、吸収されるのを防ぐため薬を包み込むことと、幹部に到達できるサイズが必要になります。リポソームは包み込む膜として研究が繰り返されています。


21 ~ 40 件を表示(全 45 件)