コア技術が支えるHORIBAの分析力

HORIBAグループは、pHメータをはじめとした液体計測技術、 NDIR(非分散赤外線吸収法)を中心としたガス計測技術、蛍光X線による固体分析技術、流体の計測・制御技術、および分光計測技術の5つを,独自のコアテクノロジーとして有しています。HORIBAは2021年、長年にわたり磨き上げたNDIR技術をさらに発展させた次世代赤外ガス分析技術IRLAM(アーラム)を新しく独自開発し、実用化することに成功しました。IRLAM は新たなHORIBAの分析コア技術に位置づけて製品展開していきます。

次世代赤外ガス分析技術  IRLAM
分光コア技術
長期安定性に優れた信頼性の高いHORIBA NDIR技術

HORIBA NDIR技術

HORIBA グレーティング技術

次世代赤外ガス分析技術  IRLAM