SPARK発光と同等の分析精度

rf-GD-OESでも、SPARK発光分析(カントバック)と同等の分析精度・感度があります。各種鋼材・合金・鋳物などの金属材料の成分分析などにも活用することもできます。

GD-OES法

SPARK法

精度(RSD)

〇:平均2%以内程度

〇:平均2%以内程度
(JIS1253に準拠)

正確性(対標準物質)

〇:相対5%以内程度

〇:相対5%以内程度
(JIS1253に準拠)

検出下限

〇:数~10ppm

〇:数~10ppm
(JIS1253に準拠)

マトリクス影響

◎(小):鋼種によるスパッタ率の差が小さい

×(大):必要な鋼種の分だけ、検量線が必要。

分光干渉

◎(少):発光線が5pmと細く、少ない

×(多):発光が強く、自己吸収も起こり、多い。

分析時間

△:約2~3min/sample

◎:約30sec~1min/sample

特長

①少ない標準試料でもバルク分析可能
②1つの分析装置で、深さ分析も可能

①鉄鋼の炉前分析として実績が多い。
②バルク分析のみの管理用としては最適


工場出荷時に検量線プリセット

各種鋼材・合金・鋳物など、測定対象となる金属材料の成分・濃度に適した検量線を工場出荷時に装置にプリセットすることができるため、すぐに品質管理などにも応用できます。

マトリクス影響の少ない検量線

rf-GD-OESは、マトリクス影響が少ない光源であるため、ダイナミックレンジが広く、検量線も幅広い成分・組成に対応することができます。


アプリケーションノート

バルク分析法としての活用例