透過ラマン分光装置

概要

粒子径、試料の均一性・配向の影響なく、錠剤中の有効成分を測定可能!

近赤外吸収法よりも試料の粒子径や添加剤量に影響を受けにくい「ラマン分光法」。 顕微ラマンなどの表面散乱光の観察ではなく、ラマン光を数 mm の領域で透過測定する光学系を設計することで、錠剤中有効成分の短時間かつ高精度な測定を実現しました。

透過ラマン光学イメージ

透過ラマン光学イメージ

 

 

特長

  • 錠剤中の粒子径、混合均一性、厚み、水分、測定方向による影響を受けにくいため、再現性良く試料全体の成分比率が測定可能
  • 数十秒で測定可能 ・消耗品や溶媒が不要
  • HPLCといった湿式化学分析法とも相関があり、かつ非破壊で測定が可能
  • 結晶多形(polymorph)解析可能

ラマン分光法とその他定量試験法の比較

 

ラマン分光法

近赤外吸収法

HPLC

試料ダメージ

○(なし)

○(なし)

×(あり)

測定時間

○(数秒~数十秒)

△(数分)

×(数分~数時間)

定量精度

試料形状・容器の影響

×

薬局方への記載

JP17 第二追補収載 (2019.6.28)
アメリカ薬局方(USP)
ヨーロッパ薬局方(EP)

日本薬局方(JP)
アメリカ薬局方(USP)
ヨーロッパ薬局方(EP)

日本薬局方(JP)
アメリカ薬局方(USP)
ヨーロッパ薬局方(EP)

 


自動測定から、多変量解析まで、使いやすいインターフェース


製造会社: HORIBA Scientific

仕様

透過ラマン分光装置 オプション

 

サンプルプレート

錠剤、カプセル専用プレート

ソフトウエア

21CFR part11対応

その他

Laser Class1 対応,CE,RoHS対応、IQ/OQドキュメント/証明書/トレーサビリティ証明書

 

 

 

アプリケーション

錠剤の品質管理(薬理活性物質の定量分析)


多変量解析(部分的最小二乗回帰:PLS)による回帰分析結果



複雑な組成の試料でも各成分濃度を算出することができ、またそれぞれのスペクトルを取得しているため、定量分析以外の解析にも活用できます。

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

HORIBA
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)

[HORIBAグループ全社休業のお知らせ]
誠に勝手ながら、2022年10月7日(金)~10月10日(月)はHORIBAグループの全社休業日となります。この間にいただいたお問い合わせにつきましては、10月11日(火)より順次対応いたします。ご不便をお掛けしますが、ご理解、ご了承いただけますようお願いいたします。