蛍光X線硫黄分析装置 SLFA-6100/6800シリーズ

特長

  • 繰り返し精度1.6ppm、検出限界5ppmを実現
    小型で高出力のX線管により、ヘリウムなどのパージなしに、高い繰り返し精度を実現しています。急激な温度変化や検出器のドリフトにも安心なオートゲンと、ヘリウムパージを不要とする、温度、大気圧の補正機能により、信頼性の高い測定結果を提供できます。低濃度試料の繰り返し精度は、硫黄0%試料に対して1.6ppmの標準偏差と高いパフォーマンスを示します。また、重油など高濃度試料に対しては、より短時間で測定が可能です。
  • 検出器保護機構
    X線保護膜が検出器と試料セルの間に差し込まれており、試料セルからの漏れがあっても試料が滴下しないように検出器を保護します。この膜はセル窓と同様の構造となっているため、容易に装着・交換できます。
  • 安全機構
    安全性確保のため、生産時に工場にて徹底的なX線漏洩試験が実施されています。さらに、どなたでも安心してお使いいただけるよう、二重のフェイルセーフ機構を搭載しています。
  • 大画面表示
    本体にはデータが読み取りやすいバックライト式の大型LCDを搭載。この画面には、測定データがリアルタイムに、%またはppmで表示されます。
  • ターンテーブル(SLFA-6800のみ)
    SLFA-6800には、8試料までの連続測定を可能にするターンテーブルが装備されています。新設計のステッピングモーターにより、試料間の移動がより安定し、よりスピーディになりました。
  • 出力オプション
    測定データの出力方法として、プリンタで紙に印刷、USBメモリスティックに保存、USBケーブル経由でPCに出力、の3つの方法を選択できます。
  • C/H レシオの自動補正
    C/H レシオの自動補正機能で、オイルの種類の違いによる測定誤差の問題は解消。オイルの種類に関係なく、高精度の測定結果が得られます。
  • スペクトル測定
    スペクトル測定モードで、試料を総合的に評価することができます。X線管および検出器の状態チェックにも有効です。

 

希望販売価格 


製造会社: HORIBA

仕様

SLFA-6100

SLFA-6800

測定原理

蛍光X線分析法

測定対象

重油、ナフサ、原油、軽油等の石油製品中の硫黄

測定レンジ

0-9.9999%

繰り返し精度

5 ppm以下(1%の試料にて)/1.6 ppm以下(0%の試料にて)

C/H誤差

1 C/H あたり±50 ppm以内(1%の試料にて)

検出下限

5 ppm以下 *標準偏差の3倍(0%の試料にて)

検量線本数

最大15本

検量線次数

1次または2次(自動選択、手動設定可能)

試料量/試料数

4~10mL、1試料

4~10mL、最大8試料

測定時間

10~600秒

データ出力

プリントアウト、USBメモリスティックに保存、USBケーブル経由でPCに接続

スペクトル測定

スペクトル測定機能付き エネルギー軸:0~10keV/強度値軸:自動設定

周辺温度

+5℃~+40℃

周辺湿度

+5.0℃~+31.0℃では最大相対湿度 80%
+31.1℃~+40.0℃では相対湿度50%まで直線的に減少

電源

AC 100 ~ 200 V ± 10%, 50/60Hz

消費電力

150VA

標準規格

ASTM D4294(USA), ISO 8754, JIS K2541/B7995

重量

約21kg

約23kg

外形寸法図・他(単位:mm)

SLFA-6100外形寸法(単位:mm)
SLFA-6800外形寸法(単位:mm)

お問い合わせ

価格は仕様により異なりますので、別途お見積もりいたします。「見積・資料・お問い合わせ」よりお申し込みください。

カスタマーサポートセンターでは、お電話でも製品の技術的なご質問や仕様のご相談を承ります。

HORIBA
カスタマーサポートセンター

フリーダイヤル 0120-37-6045
受付時間:
9:00~12:00/13:00~17:00
月曜日~金曜日(祝日をのぞく)