固体酸化物形燃料電池評価装置 Evaluator HTシリーズ

固体酸化物形燃料電池(SOFC)の単セル、フルスタック、ホットボックスを評価する装置です。

カタログダウンロード

概要

燃料電池評価装置 Evaluator HTシリーズは、高温形燃料電池向けの評価装置です。固体酸化物形燃料電池(SOFC)のセル、スタック、ホットボックスで出力1Wから100kWの供試体を、1100℃の温度まで評価できます。また、固体酸化物形水電解セル(SOEC)も評価可能で、SOFC試験とSOEC試験の切替え評価も可能です。 

セルの評価試験には、最大電力が300W~2kWの範囲で対応可能なEvaluator C50-HT/C1000-HTが最適です。

スタックの評価試験には、最大電力が10kW~100kWの範囲で対応可能なEvaluator S5-HT/S25-HTが最適です。

特長

  • 高精度な動的加湿制御
  • 1100℃までのガス/操作温度に対応
  • 幅広い圧力/流量制御と精度の確保
  • ホットボックスの評価も可能
  • リモートコントロールが可能

燃料電池評価装置とは


製造会社: HORIBA

仕様

C50-HT

C1000-HT

S5-HT

S25-HT

ガス流量

Anode
[Nl/min]

0.01 ~ 1

0.2 ~ 20

1 ~ 100

10 ~ 1,000

Cathode
[Nl/min]

0.05 ~ 5

1 ~ 100

5 ~ 500

50 ~ 5,000

露点温度 [℃]

~ 95

~ 95

~ 95

~ 95

ガス温度 [℃]

~ 900

~ 900

~ 1,000

~ 950

電子負荷(最大)

300W
100A
6V

2kW
1,000A
35V

10kW
1,000A
600V

100kW
1,000A
100V

お問い合わせ・見積・カタログダウンロードはこちら
電話受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(祝祭日を除く月〜金)