有機材料の生産管理を効率化

有機性官能基や反応残の定量は、経験値を要求し、特化学物質やアルカリなどの溶剤を使用し危険かつ作業時間がかかる。

検量線を作成して官能基濃度を算出することで、濃度管理が行え、生産現場での工程検査にご活用いただけます。非破壊・非接触で、面倒な前処理が必要な分析による検査も短時間で行うことが可能です。


お客様の声 - 化学メーカ 様

  • 有機溶媒の使用量が大幅に減り、環境負荷低減かつコストダウンを実現できた!
  • 高度なスキルが不要で作業者による人為的バラツキが減った!
  • 複数拠点で使用することで、工場間での差がなくなり製品質の安定化につながった!
  • 安全かつ迅速に分析でき、生産性を向上できた!