組み合わせ測定

粒度分布+画像で粗大粒子の要因判別

粒度分布計では、データ異常の要因は推定できなかった。

レーザ回折/散乱式粒子径分布測定装置Partica LA-960V2に画像観察機能を追加し、形状も同時に観察することで、粗大粒子の要因である、異物や凝集物などを推定することが可能です。また、ご要望に応じて、さまざまなサンプリング形式に対応可能です。

お客様の声

  • レーザ回折/散乱法と同じ試料状態で、粒子の画像情報まで得られた!
  • 粒子径だけでなく形状も解析できた!
  • 粗大粒子の要因(異物・凝集物・泡)を、画像により推測できた!