自社製グレーティングを搭載した小型高分解能のハイパースペクトルカメラ用の分光器を提供します。紫外、可視、近赤外、SWIRの波長範囲で、広いレンジをカバーする分光器をラインアップしています。お客様のアプリケーションに応じた、入力光学系、検出器、データ処理含めたカスタマイズについてご相談ください。

HORIBAが独自の光学設計技術で、紫外から近赤外の広い波長範囲をカバーする、マルチチャネル小型分光器を提供します。最大64本のバンドルファイバから入力光に対して、低いクロストークで同時測定が可能です。2次元Scientific CMOSセンサー搭載で、高速、高量子効率、低ノイズが実現します。

 

HORIBAが独自の光学設計技術で、紫外から近赤外の広い波長範囲をカバーする、ハイパースペクトルカメラ用の分光器を提供します。自社製回折格子を搭載し、高空間分解能・高波長分解能を実現します。2次元ScientificCMOSセンサー搭載で、高速、高量子効率、低ノイズが実現します。半導体・工業・食品・製薬・医用・農業等、ハイパースペクトルカメラのアプリケーション毎にカスタマイズが可能です。

HORIBA製の収差補正凹面グレーティングを搭載した、4チャネル同時高速測定可能な小型分光器です。4ファイバー入力で最小限のクロストークかつ、高スループットを実現しました。1台のプロセッサ基板によって制御するために、1チャネルあたりのコストを大幅に減らすことができます。6ファイバー入力まで応用可能ですのでご相談ください。

製品に関するお問い合わせはこちら


お問い合わせ・見積はこちら