表面プラズモン共鳴法(SPR:Surface Plasmon Resonance)

表面プラズモン共鳴法(SPR:Surface Plasmon Resonance)は、ラベルフリーで分子間相互作用を解析できる手法で、分子間の結合から解離に関わる各種パラメーターを計測することができます。 細胞、タンパク質、ペプチド、核酸などの生体試料から薬物などの低分子化合物まで、あらゆる同種、異種の分子間相互作用をラベルフリーかつハイスループットで解析できます。


表面プラズモンイメージング(SPRi)装置 OpenPlexとは

HORIBAの表面プラズモン共鳴イメージング(SPRi)装置 OpenPlexは、SPRをCCDカメラを用いて計測することで分子間相互作用の定性的な結果をリアルタイムでイメージングします。


表面プラズモン共鳴イメージング(SPRi)で取得できる情報

分子間相互作用を測定することで、リガンド・アナライト間における以下の情報が得られます。

相互作用の強さ
平衡定数(KD)

反応速度
結合速度定数(ka)
解離速度定数(kd)
反応特異性
イメージング


応用分野

表面プラズモン共鳴イメージング(SPRi)は、細胞、タンパク質、ペプチド、核酸などの生体試料から薬物などの低分子化合物まで、 あらゆる分子間の相互作用をラベルフリーかつハイスループットで解析できるため、「細胞研究」「タンパク質・抗体研究」「創薬・製薬研究」「ウィルス研究」「DNA/RNA研究」など幅広い分野で活用いただけます。

細胞研究,タンパク質・抗体研究,創薬・製薬研究,ウィルス研究,DNA/RNA研究